SRIとアイシロン、クラスタストレージ製品販売でブロードバンドタワーとの3社協業体制を確立 | RBB TODAY

SRIとアイシロン、クラスタストレージ製品販売でブロードバンドタワーとの3社協業体制を確立

エンタープライズ その他

 ソフィア総合研究所(SRI)とアイシロンは13日に、アイシロンのクラスタ ストレージ製品「Isilon IQシリーズ」の販売において「SmartVAR」(リセラー)契約を締結したことを発表した。「SmartVAD」(ディストリビュータ)にあたるブロードバンドタワーとともに、3社協業体制を確立し「Isilon IQ シリーズ」の拡販を図るとのこと。

 アイシロンとブロードバンドタワーは、2月にフォーカスシステムズ、およびJSPとも協業体制を構築しており、今回の提携はそれに続くものとなる。

 「Isilon IQ」は、単一ファイルシステムで最大1.6ペタバイト、トータルスループットで最大10ギガバイト/秒の拡張性を有すると同時に、N+1〜N+4のデータ保護機能を装備するクラスタ ストレージシステム。ファイル単位、フォルダ単位で保護レベルの設定・変更を自由に行える他、Webブラウザによる運用・管理やバーチャル・ホットスペア機能を搭載する。

 今回の提携について、SRIの杉本代表取締役所長は「現在、インターネットの普及による市場規模拡大とそれに伴う膨大な情報量に対して、いかに効率のよいインフラ環境を構築し、そしてインフラ資源を管理していくか、という問題にさまざまな業種のお客様が直面しています。特にデータやビジネス規模の増加が予測し辛い中での初期導入コスト削減に悩む企業の数は決して少なくはありません。弊社では、ネットワークやコンピューティングリソースの仮想化を通してユーティリティコンピューティングの推進を図る一方で、お客様の管理コストの低減を図るソリューションとしてのマネージドサービスを提供し、管理が容易でボトルネックを解消するインフラ構築を心がけております。コンテンツ・プロバイダ、EC事業者、および放送事業者様が抱えるストレージ面での問題解決のためにIsilon IQクラスタ ストレージを販売して参ります。」と述べている。

 またアイシロンの瀧口代表取締役は「高いコンサルティング能力を有するSRI社とのあらたなパートナーシップによってアイシロンの製品販売が日本のマーケットでより拡大することを大変嬉しく思います。インターネットがもたらすビジネスチャンスを、SRI 社の豊かな知識と実績の基、Isilon IQクラスタ ストレージ製品が多くの顧客に喜んでいただけることを大いに期待しています。」と述べている。

 一方、ブロードバンドタワーの大和代表取締役社長は「信頼性の高いデータセンターサービスを提供する当社、高度なインテグレーション・サービスとコンサルテーション能力を有するSRI社、そしてクラスタ ストレージにおけるパイオニアで最先端技術を保有するアイシロン社が各分野における強みを結集し、さらなる顧客満足度の向上を目指します。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top