リアライズ・モバイル、1台でFeliCa、MIFARE、ICタグに対応した管理システムを販売開始〜NFCを活用 | RBB TODAY

リアライズ・モバイル、1台でFeliCa、MIFARE、ICタグに対応した管理システムを販売開始〜NFCを活用

ブロードバンド その他

 リアライズ・モバイル・コミュニケーションズは4日に、ソニーとNXPセミコンダクターズが共同開発した近距離無線通信規格「Near Field Communication(NFC)」を活用し、モバイルFeliCa/カードFeliCa/MIFARE/ICタグなど、さまざまな形状・規格のICカードについて、1台のリーダライタやPOSにて処理が可能な会員管理システムを発表した。

 リアライズ・モバイルでは、2004年3月よりFeliCaに対応したPC-POS会員管理システム(POS)を提供してきたが、このシステムをNFCに対応させ2008年4月より販売を開始する。これにより、モバイルFeliCa対応携帯電話を所有するユーザーにはモバイルFeliCaの会員証を配布し、それ以外のユーザーには比較的安価なMIFAREを配布、さらにクーポン等の処理についてはさらに安価なICタグを活用するといった使い分けが1台のハードでも可能になる。海外で普及しつつあるMIFAREを活用し、国際間で互換性のあるアプリケーションの開発も予定しているとのこと。

 なおこのシステムはすでに、FUJI ROCK FESTIVALオフィシャル・ショップ「岩盤」にて、1日のFUJI ROCK FESTIVALの早期割引チケット販売より稼動中だ。商用にてFeliCaとMIFAREの会員証を同時に配布、処理した事例は日本でも初の試みとのこと。NFC対応のカードリーダライタをトッパン・フォームズよりサンプル提供を受け、NFCに関する基礎技術については、早くからNFC技術に着目していたイー・キャッシュより受け、NFCへの対応を実現させたという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top