プラネックス、世界最小クラスで100mまで通信できるBluetoothアダプタ | RBB TODAY

プラネックス、世界最小クラスで100mまで通信できるBluetoothアダプタ

IT・デジタル ノートPC

BT-MicroEDR1
  • BT-MicroEDR1
  • PL-HDMIのブラック
  • PL-HDMIのホワイト
 プラネックスコミュニケーションズは、Bluetooth Ver2.0+EDR対応の小型USBアダプタ「BT-MicroEDR1」を発表。3月下旬に発売する。価格は2,980円。

 同製品は、世界最小・最軽量クラスで最大100mまでの通信が可能なUSB接続Bluetoothアダプタ。従来のVer1.1/1.2の約3倍近く高速なデータ転送ができる。高音質プロファイル「A2DP」に対応で、ワイヤレスでPCなどの音楽を高品質で楽しめる。さらに、Bluetooth対応ヘッドセット「BT-05HS」「BT-05HST」などとの組み合わせで音声チャットやスカイプ、インターネット電話なども使用可能だ。

 滑り止めがついて抜き差しがしやすいデザイン。また、ストラップホールがついており、持ち運びにも便利だ。また、携帯電話のアドレス帳(名前、メールアドレス、住所、メモなど)のデータをPCにバックアップ・編集・管理をすることができる携帯万能Lite版ダウンロードサービス付。

 周波数帯域は2.4GHz、出力クラスはClass1。対応OSはWindows Vista/XP/2000と、Mac OS X 10.3〜10.5。本体サイズは幅16.4×高さ6.5×奥行き24.8mm、重さは約2g。

 同社はまた、カーペットの下やせまい隙間でも配線が可能な薄さ約2mmのフラットタイプのHDMIケーブル「PL-HDMI」を発表。カラーはブラックとホワイトで、1m/2m/3mの各3種類のケーブルを用意。2月下旬より発売する。価格はそれぞれ2,480円、2,980円、3,980円。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top