ソフトバンクモバイル、LTEシステムの屋内実験で下り最大150Mbpsのスループットを確認 | RBB TODAY

ソフトバンクモバイル、LTEシステムの屋内実験で下り最大150Mbpsのスループットを確認

ブロードバンド その他

 ソフトバンクモバイルは14日、日本エリクソンの協力の下、Long Term Evolution(LTE)システムの屋内実験を2008年1月から2月まで実施し、下り最大150Mbpsのスループットを達成したと発表した。

 LTEシステムは、OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing: 直交波周波数分割多重)やMIMOなどの新規技術を利用したW-CDMAの発展系のシステムで、W-CDMAの標準化団体である3GPPにおいて標準化が進められているもの。同実験では、2×2のMIMO多重技術を使用したもの。LTEシステムで導入される新規無線技術の基本的な特性のほか、屋内伝送実験ではほぼ理論通りのスループットが得られることが確認された。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top