JPRS、IE7の日本語ドメイン名標準対応で日本語JPドメインの利用が進むと分析 | RBB TODAY

JPRS、IE7の日本語ドメイン名標準対応で日本語JPドメインの利用が進むと分析

ブロードバンド その他

 日本レジストリサービス(JPRS)は、Internet Explorer 7日本語版が日本語ドメイン名へ標準対応していることを周知させるニュースレターを公開した。

 同ニュースレターの公開は、2月13日よりWindows XPユーザーを対象に開始されるInternet Explorer 7日本語版の自動更新による配布をうけたもの。日本語ドメインは、「駅街ガイド.jp」のように漢字やひらがな、カタカナなどを使ったJPドメイン名を指し、現在約14万件の日本語JPドメイン名が登録されている。なお、日本語JPドメイン名の最後の「.jp」は全角で「。jp」と入力してもアクセスが可能だ。

 JPRSでは、Internet Explorer 7日本語版の自動更新により、日本語JPドメインの利用がいっそう進むものとみている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top