アジレント、マルチバンドMobile WiMAX対応の計測レシーバ「Agilent W1314A」を発表 | RBB TODAY

アジレント、マルチバンドMobile WiMAX対応の計測レシーバ「Agilent W1314A」を発表

エンタープライズ その他

Agilent W1314A
  • Agilent W1314A
 米アジレント・テクノロジーズ・インクは11日(現地時間)に、ネットワーク機器メーカやワイヤレス通信事業者のRFエンジニアリング部門向けとなるMobile WiMAX対応の計測用RFレシーバ「Agilent W1314A」を発表した。WiMAXに加え、GSM、UMTS、IS95、cdma2000、1xEVDO、iDENにも対応する。

 Agilent W1314Aは、ネットワーク最適化システム「Agilent E6474A」と同時使用することで、RF電波が届いている範囲や技術に起因する障害に関する情報、最適化の測定などが可能となる。最大8個の周波数帯に対応し、2.3GHz、2.5GHz、3.2GHzのMobile WiMAXネットワークを1台の小型のソリューションで監視できる。

 また高感度GPSを内蔵しており、込み合った都会や屋内環境でも、正確な位置情報を反映したパフォーマンスレポートを作成でき、Mobile WiMAXネットワークの敷設、最適化、障害解析を効率的に行うことが可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top