ソニー、ワンセグテレビとFM/AMラジオが視聴できるハイブリッド2モデル | RBB TODAY

ソニー、ワンセグテレビとFM/AMラジオが視聴できるハイブリッド2モデル

IT・デジタル テレビ

XDV-D500のホワイト
  • XDV-D500のホワイト
  • XDV-D500のブラック
  • XDV-G200のシャンパンゴールド
  • XDV-G200のブラック
 ソニーは6日、FMステレオ/AMラジオ対応のワンセグテレビ「XDV-D500」(ブラック、ホワイト)とワンセグテレビ対応のFMステレオ/AMラジオ「XDV-G200」(ブラック、シャンパンゴールド)を発表。ともに4月10日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は38,000円、30,000円前後。

 XDV-D500は、画像処理エンジン「モバイルブラビアエンジン」と3型ワイド液晶搭載のワンセグテレビ。斜めからでも見やすい広視野角・高コントラスト仕様だ。視聴環境にあわせて選べる2つの高感度アンテナを採用。ステレオスピーカーで音を出して視聴するときはホイップアンテナ、電車の中などではヘッドホンアンテナと使い分けられる。

 内蔵メモリーに最大約10時間、100件までのワンセグの番組録画が可能。また、「スポーツ延長対応/番組追跡録画」機能を装備し、時間延長による予約録画の失敗を自動的に防止する。 アンテナ端子搭載の充電スタンドが付属。バッテリーフル充電時の視聴時間はワンセグが約8時間/FMラジオが27時間/AMラジオ約34時間。 

 XDV-G200は、幅58×高さ92×奥行き14.0mm、重さ87gで胸ポケットに収まる名刺サイズのFMステレオ/AMラジオで、2型液晶を搭載してワンセグも視聴することができる。高域のノイズを低減し、ラジオ音声を聞きやすくするノイズ低減機能搭載を装備する。

 好きな放送局を各ボタンに登録でき、ポケットに入れたままボタンを押すだけで選局ができる。ワンセグ視聴用には、付属のヘッドホンとつなげて使用できる高感度ヘッドホンアンテナを採用。バッテリーフル充電時の視聴時間はワンセグ視聴が約8時間/FMラジオが約18時間/AMラジオが約22時間。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top