NEC、同社のIPテレフォニーサーバとLotus Sametimenの連携ソフトウェア/ソリューション | RBB TODAY

NEC、同社のIPテレフォニーサーバとLotus Sametimenの連携ソフトウェア/ソリューション

エンタープライズ その他

 日本電気は22日、同社のIPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」などとIBMのリアルタイム・コラボレーション製品「IBM Lotus Sametime 8.0」を連携させるソフトウェア「UNIVERGE gateway module for IBM Lotus Sametime」を開発し、日本・北米・欧州・オーストラリアにおいて、同ソフトウェアを利用したソリューションの販売を開始した。UNIVERGE gateway module for IBM Lotus Sametimeの価格は60万円から。

 同ソリューションは、Lotus Notesと電話機能が連携し、Lotus NotesメールやWeb会議画面上からワンクリックでの電話発信や通話状態を反映したプレゼンス共有が可能となるほか、必要とされるコミュニケーション機能のすべてをLotus Notesから一元的に実現できるというもの。なお、ユーザ企業の業種や業務に適したカスタマイズも可能だ。

 同社では、今後3年間で1,000社への販売を目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top