エプソン、輝度3,500ルーメンの3LCD方式モバイルプロジェクタ——ネットワークプロジェクタ接続対応 | RBB TODAY

エプソン、輝度3,500ルーメンの3LCD方式モバイルプロジェクタ——ネットワークプロジェクタ接続対応

IT・デジタル ノートPC

EMP-1825
  • EMP-1825
 セイコーエプソンは、モバイルプロジェクタの新モデルとして、輝度3,500ルーメンで3LCD方式の「EMP-1825」を発表。2月上旬に発売する。価格は498,000円。

 同製品は、輝度3500ルーメンと軽量3.1kgの基本性能に加え、ネットワーク接続機能を搭載した「EMP-1815」の後継モデル。「Windows Embedded CE 6.0」を装備することで、Windows Vistaに標準搭載されている「ネットワークプロジェクタへの接続」機能に対応している。

 画素数は1,024×768×3ピクセルで、色再現性は1,677万色フルカラー。コントラスト比は500:1。 レンズは24〜38mm、F 1.8〜2.4。インターフェースはミニD-Sub15ピン×2/RCA/S映像など。本体サイズは幅345×奥行き257×高さ86mm。

 なお、EMP-1825の発売と同時に、既存モデル「EMP-1715」を含めて「今ならお得!ランプがもう1個付いてくるキャンペーン」を実施する。また、キャンペーンに合わせて交換用ランプをセットにした「ランプセットモデル」を限定3000台で販売する。
《》

関連ニュース

特集

page top