アジレント・テクノロジーが、自社初のマルチポート光パワーメータを発表〜業界最速1マイクロ秒の平均化時間を実現 | RBB TODAY

アジレント・テクノロジーが、自社初のマルチポート光パワーメータを発表〜業界最速1マイクロ秒の平均化時間を実現

エンタープライズ その他

Agilent N7744A / N7745A マルチポート光パワーメータ
  • Agilent N7744A / N7745A マルチポート光パワーメータ
 アジレント・テクノロジーは16日に、マルチプレクサや波長選択性スイッチなど、多チャンネルの光デバイス向けマルチポート光パワーメータ「Agilent N7744A / N7745A マルチポート光パワーメータ」を発表した。2月1日より販売を開始、3月より出荷を開始する。

 「Agilent N7744A / N7745A」は、60dB以上のダイナミックレンジ、±0.02dBの直線性、±0.01dBのPDL(偏波依存性損失)といった高い測定性能を有する光パワーメータ。Oバンド(1,260nm〜1,360nm)からLバンド(1,565nm〜1,625nm)という広い波長範囲における測定が可能(nm=ナノメートル)。既存モデルの「Agilent 81636B」と比べて25倍高速となる1マイクロ秒の平均化時間(光検出器が光を検出してから、計測器内部で処理できるように信号を変換するまでの時間)を実現しているため、光パワーメータのみで光スイッチなどの過渡応答測定が可能になったという。

 「Agilent  N7744A」は4チャンネル、「Agilent N7745A」は8チャンネルに対応。各ユニットがEIA(米国電子工業会)規格の1Uラックスペースの半分に収まる薄型・小型の設計となっている。参考販売価格はAgilent N7744Aが約120万円から(4チャンネル、アダプタ込み)、Agilent N7745Aが約180万円から(8チャンネル、アダプタ込み)。販売開始後1年間で1億円の販売を目指す。

 なお、今回発表の「Agilent N7744A / N7745A」は16〜18日に開催の通信システム/デバイス/次世代ネットワーク(NGN)関連機器の展示会「第8回 ファイバーオプティクスEXPO(FOE 2008)」内の自社ブースで展示される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top