携帯電話の契約数が1億を突破! | RBB TODAY

携帯電話の契約数が1億を突破!

エンタープライズ モバイルBIZ

 電気通信事業者協会(TCA)は、10日、PHS・携帯電話の契約数に関する2007年12月末現在の統計値を発表した。それによると、携帯電話の契約数の合計が前月比で0.6%増の1億52万4,700となり1億契約を突破したことになる。

 事業者別にみると、NTTドコモが5,315万500、KDDI(au、ツーカー)が2,955万4,800、ソフトバンクが1,761万3,500、イー・モバイルが20万5,900という内訳だ。12月の純増数でいくと、NTTドコモ121,500、KDDIが138,600(ただしツーカーは39,800の純減のため、auの純増数は178,400)、ソフトバンクが210,800となる。ソフトバンクは8か月連続で単月の純増数トップということになる。

 純増数では3位のドコモだが12万という数字は10月、11月の純増数に比べると2倍から3倍の数字だ。12月は905シリーズの各機種の発売日が集中し、クリスマス・年末商戦による効果ではないかとドコモ広報は述べている。

 システム別の統計では、ドコモのPDCが595,200の純減に対して、W-CDMAは716,700の純増となっている。ソフトバンクもPDCが−289,400に対してW-CDMAは500,200増えている。KDDI(au)はPDC方式の端末はないが、CDMA2000 1xだけで197,200純増している。前出138,600という全体純増数はツーカーの純減数(39,800)が引かれている。このように各社ともに2G携帯からの買い替えが着実に進んでいることがわかる。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top