野村総研×MS×日本HP、大量の株式銘柄情報を高速処理する資産運用システムを共同開発 | RBB TODAY

野村総研×MS×日本HP、大量の株式銘柄情報を高速処理する資産運用システムを共同開発

エンタープライズ その他

銘柄分析業務 ソリューションモデル
  • 銘柄分析業務 ソリューションモデル
 野村総合研究所(NRI)と日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とマイクロソフトの3社は19日に、大量の株式銘柄情報データを高速処理・分析するスクリーニングシステムをこのたび共同で開発したと発表した。すでに野村アセットマネジメントへ導入されており、今後はNRIより汎用システムとして提供される予定。

 一般的に、投資信託などの運用を行うファンドマネージャは、さまざまな株式銘柄の過去の値動きや特性値といった大量の情報を加工し、商品(ファンド)に組み込むかどうか分析する前段階で時間がかかっていた。これに対してNRIは、マイクロソフトのデータベース製品「Microsoft SQL Server 2005」が標準提供するコンポーネント“Analysis Services”のCubeが、多様なデータの収集やユーザ自身によるデータ加工負荷の軽減、アドホックな切り口でのデータ分析(多面的で自由度を持った非定型分析)を容易に実現する機能を持っていることに着目したとのこと。具体的には日本HPのハイエンド・サーバ「HP Integrity Superdome」とハイエンド・ストレージ「HP StorageWorks XP ディスクアレイ」にSQL Server 2005を用いて、高レベルな処理性能をもつシステム構成を作り、NRIの策定した銘柄分析業務ソリューションモデルのもと、システム検証や性能評価を共同で実施した。これまでの許容範囲を大きく超える、400GBの大量のデータベースを90分で処理し、集計済データを10秒以内で検索できる性能を実現したという。

 このスクリーニングシステムでは、ユーザーインタフェースとしてMicrosoft Office Excelの利用が可能であり、銘柄分析業務において、利用者であるファンドマネージャにとっても使いやすいものとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top