東芝、NAND型フラッシュメモリ搭載の業界最大級128GBのSSD | RBB TODAY

東芝、NAND型フラッシュメモリ搭載の業界最大級128GBのSSD

IT・デジタル ノートPC

128GBのSSD
  • 128GBのSSD
 東芝は10日、PC向けの大容量NAND型フラッシュメモリ(多値NAND)を搭載した業界最大級128GBのSSD(Solid State Drive)を製品化すると発表。2008年第1四半期(1〜3月)からサンプル出荷し、同時に量産を開始する。

 現状のSSDは、高速の二値NAND型フラッシュメモリが使用され、HDDに比べ高速・軽量の反面、小容量・高コストが課題。そこで、素子当たりの容量を高めた普及型の多値NANDを搭載したSSDの製品化が期待されている。


 そうした期待に応えるかたちの新製品は、DRAMキャッシュと連携した高速・並列データ転送や書き込み領域の平準化など、多値技術に対応した独自開発のコントローラを搭載。従来SSDと同等の処理速度(読み出し秒速100MB、書き込み40MB)と長寿命(100万時間)を実現したという。

 製品ラインアップは、3mm厚の小型基板で提供するモジュール品と、基板をケースに収めた完成品の2タイプ。それぞれ32、64、128GBが用意されている。PCとのインターフェースは、シリアルATAを採用。
《》

関連ニュース

特集

page top