ベンキュー、輝度2,100ルーメンの低価格DLPプロジェクタ | RBB TODAY

ベンキュー、輝度2,100ルーメンの低価格DLPプロジェクタ

IT・デジタル テレビ

MP511+
  • MP511+
  • 本体天面
 ベンキュージャパンは6日、輝度2,100ルーメンのエントリー向けDLPプロジェクタ「MP511+」を発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は59,800円。12月上旬発売。

 同製品は、今年2月に発売されたエントリー向けモデル「MP510」の後継機種となる、画素数800×600ピクセルのDLPプロジェクタ。従来機からの改良点として、輝度を1,500ルーメンから2,100ルーメンへと向上させている。また、従来機同様、通常のRGB+白の4色カラーホイールに黄色セグメントを追加した同社独自のカラーマッチング技術「5色カラーホイール」を採用するほか、中間色の輝度を向上させるというテキサス・インスツルメンツの技術「BrilliantColor」を採用し、中間色の再現性向上を図っている。

 そのほかの仕様として、対応解像度は640×350ピクセル〜1,280×1,024ピクセル、コントラスト比は2,000:1、画面サイズは31型〜200型。エコノミーモード使用時のランプ寿命時間は3,000時間で、運転音は28dBとした。また、本体の冷却に必要な時間を従来の3分の1まで短縮した「クイッククーリング」機能、画面上に経過/残り時間を表示する「プレゼンテーションタイマー」機能、9種類のプリセットモードなどを搭載する。

 インターフェースはミニD-sub15ピン/S映像/コンポジットなど。本体サイズは幅277×高さ95×奥行き208mm、重さは2.6kg。
《》

関連ニュース

特集

page top