ソフトバンク、マスターカードら、国際規格対応携帯電話非接触型決済を検討、実証実験を実施 | RBB TODAY

ソフトバンク、マスターカードら、国際規格対応携帯電話非接触型決済を検討、実証実験を実施

ブロードバンド その他
 ソフトバンクモバイル、米MasterCard Worldwide、ジェムアルト、オリエントコーポレーション、サムスン電子、日立製作所、および日本ヒューレット・パッカードの7社は13日、NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)技術をサポートした携帯電話を利用した、国際規格対応非接触決済の検討を開始し、2008年度に実証実験を実施すると発表した。

 今回のプロジェクトは、世界レベルでのサービス展開を見据え、国際標準規格であるISO14443に準拠するNFC対応携帯電話について技術的な開発・検証と並行して、各種団体やサービスプロバイダー、システムベンダーなどと様々な観点から協議・検討を行い、同サービスの商用化に向けての検討を推進するというもの。実証実験では、サムスン電子のNFC対応携帯電話にIC技術を用いた非接触型決済ソリューション「MasterCard PayPass」アプリケーションを搭載したジェムアルトのNFC-USIMを差し込み、店舗などに設置したNFC対応非接触リーダ/ライターに携帯電話をかざすことで決済を実現する。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top