アイ・オー、地デジも楽しめる19V型液晶ディスプレイ——チャンネルの切り替え2秒でOK | RBB TODAY

アイ・オー、地デジも楽しめる19V型液晶ディスプレイ——チャンネルの切り替え2秒でOK

 アイ・オー・データ機器は8日、マスコミ向けの新製品内覧会を東京・秋葉原で開催し、地デジチューナー内蔵の19V型ディスプレイ「LCD-DTV191XBR」を発表した。11月下旬発売。価格はオープンで、予想実売価格は54,800円。

IT・デジタル ノートPC
LCD-DTV191XBR
  • LCD-DTV191XBR
  • 会場内に設けられた擬似パーソナルスペース
  • 電子番組表
  • 会場内に設けられた他社比較コーナー
 アイ・オー・データ機器は8日、マスコミ向けの新製品内覧会を東京・秋葉原で開催し、地デジチューナー内蔵の19V型ディスプレイ「LCD-DTV191XBR」を発表した。11月下旬発売。価格はオープンで、予想実売価格は54,800円。

 同製品は、PC画面の表示と地上デジタル放送の視聴を1台でカバーする解像度1,440×900ピクセルの液晶ディスプレイ。同社の製品担当者は、「PCユーザーに人気のある19V型のディスプレイで地デジが楽しめる製品はこれが業界初だと思います。デザインもパーソナルスペースにマッチするものになっておりますので、PCとテレビの両方で快適に活用できます」と説明。

 おもな機能として、観たい番組の視聴を事前に予約できる「番組視聴予約」や、約4時間分の電子番組表の表示機能などを搭載。チャンネル切り替えのスピードの向上も図られ、AC電源のオンから視聴までが約5秒、チャンネル切り替えが約2秒という速さで観たい番組が視聴できる。内覧会では他社の製品との比較コーナーが設けられ、その素早さが実証されていた。

 コントラスト比は1,000:1、輝度は300cd/m2、応答速度は5ms。視野角は上下/左右とも160度。PC用のインターフェースとしてD-sub15ピン、AV用としてD4/Sビデオ/コンポジットビデオ/地上デジタルTVアンテナなどを搭載。本体サイズは幅460×高さ371×奥行き191mm(スタンド含む)、重さは5.9kg(同左)。

 また、同製品と日本ヒューレット・パッカード(日本HP)のデスクトップPC「Pavilion」シリーズのセットモデルも11月9日より販売する。販売は日本HPのWebサイトで行い、価格は89,800円から。
《》

関連ニュース

特集

page top