東芝、携帯音楽プレーヤー「gigabeat U」シリーズに低価格モデルなど | RBB TODAY

東芝、携帯音楽プレーヤー「gigabeat U」シリーズに低価格モデルなど

IT・デジタル その他
gigabeat U206(左からインディゴブルー/マルスレッド/ショコラブラウン)
  • gigabeat U206(左からインディゴブルー/マルスレッド/ショコラブラウン)
  • U205/U104(左からシャイニーゴールド/エンジェルピンク/ミスティーブルー)
 東芝は5日、同社製デジタルオーディオプレーヤー「gigabeat(ギガビート)U」シリーズの新ラインアップとして、オーディオテクニカ製のカナル型イヤホンを付属する容量2GBモデル「U205」および「U206」の2製品と、FMチューナーやトランスミッタなどの機能を省略した容量1GBモデル「U104」の計3製品を発表した。いずれも価格はオープンで、予想実売価格はU205およびU206の2製品が14,800円、U104は9,980円。11月9日より順次発売。

 gigabeat Uシリーズは、デジタル音源の劣化を抑えるデルタシグマ方式のDCTSC-1ビットDACを搭載するオーディオプレーヤー。WMA/MP3/WAV形式の音楽ファイル再生が可能なほか、WM DRM 10にも対応。また、解像度96×96ピクセル対応の1.1型カラー有機ELディスプレイを搭載し、JPEG表示にも対応する。

 U205およびU206の2製品は、本体デザイン以外の仕様はほぼ共通で、いずれも2GBフラッシュメモリを搭載。従来機と同じく、音楽をFMラジオに送信して再生できるFMトランスミッタを内蔵するほか、オーディオ機器と直結録音ができる「ダイレクトエンコード」機能や、自動的に1曲ごとにファイルを分割する「オートシンク」機能を継承。そのほか、海外でも使用できるワイドバンドのFMチューナーを搭載する。従来機からの変更点として、オーディオテクニカがスペシャルチューニングを施したというカナル型イヤホンが付属。また、本体カラーに新色を採用しており、U205はシャイニーゴールド/エンジェルピンク/ミスティーブルーの3色、U206はインディゴブルー/マルスレッド/ショコラブラウンの3色とした。なお、U206のショコラブラウンモデルのみ12月上旬発売の予定。

 U104は、FMチューナーやトランスミッタ機能を省いたほか、容量を1GBとすることで価格を抑えたモデル。そのほかの機能はU205/U206とほぼ共通で、ダイレクトエンコード機能やオートシンク機能を搭載。本体デザインおよびカラーバリエーションはU205と共通で、シャイニーゴールド/エンジェルピンク/ミスティーブルーの3色を揃える。なお、オーディオテクニカ製カナル型イヤホンは付属しない。

 そのほか、3製品共通の仕様として、対応OSはWindows Vista/XP/2000/MEで、インターフェースはUSB2.0/1.1。リチウムイオン充電池を内蔵し、フル充電時での連続再生時間は約20時間。本体サイズはU205とU104が共通で、幅36.2×高さ76.5×奥行き10.9mm、重さは36g。U206は幅36.2×高さ76.7×奥行き11.4mmで、重さは42g。
《》

関連ニュース

特集

page top