職場の不満1位は給与・待遇、2位に人間関係〜ソフトバンクHC、中途転職市場の動向調査 | RBB TODAY

職場の不満1位は給与・待遇、2位に人間関係〜ソフトバンクHC、中途転職市場の動向調査

ブロードバンド その他

現在の職場の不満点
  • 現在の職場の不満点
  • 新しい職場での期待点
 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが運営する転職サイト「イーキャリア」は5日、「中途転職市場の動向調査」の結果の一部を公表した。
 過去1年以内に転職意向をもち、過去3カ月以内に転職サイトを利用したことのあるユーザを対象に、4月13日、4月27日、6月15日の3回にかけてインターネットアンケートを実施。男女1,030名(1回目)、男女1,854名(2回目)、男女791名(3回目)からの回答をもとに集計されたもの。

 まず「転職検討理由」としては「1位:よりやりがいのある仕事に就きたかった」(52.2%)、「2位:自分の能力やスキルを磨きたかった」(48.8%)、「3位:自分のキャリアを向上させたかったので」(47.4%)が4位以下に差をつけてランクイン。一方で「現在の職場の不満」としては「1位:給与・待遇」(33.6%)が「2位:人間関係(社内の雰囲気)」(17.8%)に大きく差をつけてランクインした。恒常的な不満としては給与などの待遇面が大きいが、直接的には、仕事内容や自身のスキル見直しといった具体的な出来事が、転職のきっかけとなっているようだ。

 一方で「転職に対する意識」においては、「転職先には、ある程度長い期間勤務したい」(77.0%)、「転職で、収入を増やし生活水準を上げたい」(67.1%)、「自分のキャリアに合った求人を紹介してくれるスカウトサービスは積極的に活用したい」(64.8%)、「次の仕事が無事に見つかるかどうか不安だ」(60.5%)といった意見が目立った。転職サイト利用の良否やキャリアアップなどについては、意見が分かれている。また「新しい職場での期待点」については「1位:仕事の内容」(45.2%)、「2位:給与・待遇」(33.2%)となり、「現在の職場の不満」の結果との食い違いなども見せた。

 「給与・待遇や社内の雰囲気に不満はあっても、転職ではまず仕事の内容を重視」というわけで、ある意味、転職に対する理由付けが、回答者のなかでも整理されていない印象を受ける。中途転職を考えている人は、このアンケート結果を参考に「転職したい理由」を今一度見直すことをお勧めしたい。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top