ビクター、ケータイ/テレビ用など用途で選べるカナル型イヤホン——同社新開発「BASSブーストイヤーピース」を採用 | RBB TODAY

ビクター、ケータイ/テレビ用など用途で選べるカナル型イヤホン——同社新開発「BASSブーストイヤーピース」を採用

IT・デジタル その他
HP-KF107/HP-F207L/HP-F107(カラーはブラック)
  • HP-KF107/HP-F207L/HP-F107(カラーはブラック)
 日本ビクターは22日、低域を高めるというダクト形状のイヤーピース部を採用するカナル型イヤホンを発表した。デジタルプレーヤー/携帯電話/テレビ用と、用途にあわせた3タイプを用意。いずれも価格はオープンで、予想実売価格は携帯電話用「HP-KF107」が1,400円、テレビ用「HP-F207L」は1,300円、デジタルプレーヤー用「HP-F107」は1,000円。11月上旬発売。

 今回発表された3製品はいずれも、イヤーピース部をダクト形状にすることで迫力のある重低音を再生するという、同社新開発の「BASSブーストイヤーピース」を採用するカナル型イヤホン。テレビ用のHP-F207Lはテレビから離れての視聴にも対応する長さ3.5mのロングコードを採用するほか、モノラルテレビの音声を両耳でリスニングできる「ステレオ/モノラル切換スイッチ」を装備。携帯電話用のHP-KF107は端末との接続用の変換コードを付属するなど、デジタルプレーヤー/携帯電話/テレビ用のそれぞれの用途にあわせた仕様となっている。

 そのほか、3製品共通の仕様として、13.6mm径のネオジウムドライバーユニットを採用。また、手元で音量調節が可能なスライドボリュームを装備する。再生周波数帯域は12Hz〜22kHzで、出力音圧レベルは100dB/1mW。プラグ形状は金メッキを施したステレオミニで、コードを含まない重さは7g。HP-F107およびHP-KF107のコード長は1.2m。いずれもカラーはブラック/ホワイト/シルバーの3色。
《》

関連ニュース

特集

page top