ソフトバンクテレコム、法人向けに「スパムフィルタリング」を提供開始 | RBB TODAY

ソフトバンクテレコム、法人向けに「スパムフィルタリング」を提供開始

 ソフトバンクテレコムは1日より、エンタープライズ向けの電子メールセキュリティ対策「スパムフィルタリング」の提供を開始した。

エンタープライズ その他
「スパムフィルタリング」利用イメージ図
  • 「スパムフィルタリング」利用イメージ図
 ソフトバンクテレコムは1日より、エンタープライズ向けの電子メールセキュリティ対策「スパムフィルタリング」の提供を開始した。

 「スパムフィルタリング」は、トレンドマイクロの技術を採用し、ソフトバンクテレコムが運用保守を行うサービス。ソフトバンクテレコムのデータセンター内にユーザごとに専用ゲートウエイ機器を設置し、その運用保守をソフトバンクテレコムが行うという、サーバ専有型のアウトソーシングサービスであるため、顧客ごとにセキュリティポリシやネットワーク規模に応じた柔軟なシステムの構成や設定が可能であるとしている。また。運用保守をアウトソーシングすることで、予期できないインシデントによる運用負荷の増大や宅内ネットワーク帯域の浪費などからも解放されるとのこと。

 「スパムフィルタリング」では、スパムメール受信の予防から受信後の検出・隔離までを行うトレンドマイクロの「Spam Prevention Solution」を採用した。ターゲット攻撃の予防、不正なIPアドレスからのメール受信拒否、スパム行動パターンを推論して検知する、ヒューリスティックとパターンマッチングの組み合わせ等による複合的な技術を持つ。メールのウイルス対策としてトレンドマイクロ製品を採用した「ウイルスチェックゲートウェイサービス」を組み合せることで、さらに効率的な電子メールのセキュリティ対策も可能とのこと。

 料金は導入一時金が210,000円、月額基本料金168,000円。月額個別料金はアカウント数ごとに異なり、アカウント数501〜600で従量料金50,400円、月額提供料金218,400円。アカウント数1,001〜1,100で従量料金74,550円、月額提供料金242,550円。アカウント数1,501〜1,600で従量料金105,000円、月額提供料金273,000円(サーバ1台の構成の場合、ネットワーク関連費用は別途)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top