アビッド、200Wバイアンプ駆動のアクティブモニタースピーカー | RBB TODAY

アビッド、200Wバイアンプ駆動のアクティブモニタースピーカー

IT・デジタル その他

EX66
  • EX66
  • 背面
 アビッドテクノロジーは、同社の1部門であるエムオーディオより、200Wバイアンプ駆動のアクティブリファレンスモニター「EX66」を9月8日に発売する。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は79,800円(1台)。

 同製品は、上からミッドウーハー/ツイーター/ミッドウーハーの順に配置する「MTM」と呼ばれる垂直配列構成の採用により、フロアーや天井などによる反射の影響を軽減させたというモニタースピーカー。ウーハーにはドライバのブレークアップモードと内部エフェクトを最小限に抑えるという、6インチのリニアピストンテクノロジーを採用し、ツイーターは1インチのチタン製ドーム型を搭載。いずれもインピーダンスは4Ωで、それらをバイアンプ駆動させるために100WのPWMパワーアンプを2基搭載する。

 エンクロージャーはMDF製で、低音域により生成される振動を最小限に抑えるというデュアルフランジのバスレフポートを装備する。また、DSP(デジタル・シグナル・プロセッシング)テクノロジーによる調整機能を搭載し、エンクロージャーのレゾナントを減少させるチューニングを可能としたほか、4次リンクウイッツ・ライリー型のクロスオーバー方式を採用することで、高周波から低周波のドライバの周波数帯域間を滑らかにつなげるという。

 そのほかの仕様として、周波数特性は37Hz〜20kHz、インターフェースはXLRおよび1/4インチTRSバランスを各1系統、最大24ビット192kHz対応のS/PDIFとAES/EBUデジタル入力端子を装備する。本体サイズは幅209.6×高さ482.6×奥行き241.3mmで、重さは11.18kg。
《》

関連ニュース

特集

page top