NECとミラクル・リナックス、高可用性クラスタ「MIRACLE CLUSTERPRO X」を発売 | RBB TODAY

NECとミラクル・リナックス、高可用性クラスタ「MIRACLE CLUSTERPRO X」を発売

エンタープライズ その他

システム障害の検知機能とフェイルオーバー機能
  • システム障害の検知機能とフェイルオーバー機能
 ミラクル・リナックスとNECは9月18日より、高可用性クラスタ・ソフトウェア「MIRACLE CLUSTERPRO」の最新版「MIRACLE CLUSTERPRO X」を出荷する。NEC製「CLUSTERPRO」の最新版「CLUSTERPRO X 1.0」とミラクル・リナックスのOracleデータベースとの親和性の高いOS「MIRACLE LINUX V4.0」「Asianux Server 3(アジアナックス サーバ スリー)」いずれかをバンドルした製品が提供される(Asianux Server 3バンドル製品は10月18日出荷予定)。

 最新版の「MIRACLE CLUSTERPRO X」では、異なるプラットフォームでの統合管理機能やディザスタリカバリ機能などが追加された。サーバに障害が発生した場合に、正常稼動しているサーバに処理を自動的に切り替えるフェイルオーバー機能を利用することにより、データベース・サーバやWEBサーバなどの可用性・拡張性を高めたシステム構築を実現している。

 製品の価格は、いずれも60万円(税別)で、「MIRACLE LINUX V4.0」または「Asianux Server 3」の2ノードと「CLUSTERPRO X」の2CPU分のライセンスが含まれる。このほか、オプションとしてデータベース監視、インターネットサーバ監視、ファイルサーバ監視、およびアプリケーションサーバ監視機能が提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top