gooラボ、地図と動画が連動した「ウォークスルービデオシステム」の対象エリアを拡大 | RBB TODAY

gooラボ、地図と動画が連動した「ウォークスルービデオシステム」の対象エリアを拡大

ブロードバンド その他

銀座・京都エリア
  • 銀座・京都エリア
  • ニューヨークエリア
 gooの実験サイト「gooラボ」は8月7日に、街頭の映像と地図との連動によりドライブを仮想体験できる「ウォークスルービデオシステム」について、対象エリアの拡大と観光スポットに関するスタッフのコメントや関連画像を地図上に表示する機能を追加したことを発表した。

 実証実験中の「ウォークスルービデオシステム」は、任意の地点を車両で移動しながらビデオカメラで撮影した街頭の映像と地図を連動させることで、実際にその場を車両で走行しているような仮想体験を可能にするサービス。NTTのサイバーソリューション研究所で開発された「CyberCoaster」技術を活用し、マウスのドラッグ操作により、さまざまな角度から建物の画像を眺めることができる。

 現在提供中の「銀座」エリアに加え、観光地として人気の高い「ニューヨーク ミッドタウン」および「京都府中京区」が追加された。また「goo地図」の航空写真についても、縮尺範囲が500m〜5Kmから150m〜10Kmにその範囲が拡大された。対象エリアは、東京23区、横浜市内、京都市内、大阪市内、神戸市内で、「銀座」エリアおよび「京都エリア」については、「ウォークスルービデオシステム」での航空写真表示が可能になる。

 また新たに、観光スポットに関するコメントを地図上で表示する機能、「goo Wikipedia記事検索」から関連情報を表示する機能、観光スポット等の関連画像をさまざまな角度から表示する機能などが追加となった。追加機能についてはまず「ニューヨーク」エリアの地図にて導入を図り、順次対象を拡大する予定。

 なお、「ウォークスルービデオシステム」については、米国カリフォルニア州サンディエゴで開催される「SIGGRAPH2007」(2007年8月5日〜9日、展示は7日から)に出展の予定となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top