【スピード速報】《近畿特集フォロー》和歌山の7割以上が光、三重はCATVが6割 | RBB TODAY

【スピード速報】《近畿特集フォロー》和歌山の7割以上が光、三重はCATVが6割

ブロードバンド その他

計測された件数比なので、実際のシェアを反映しているわけではないが、三重、和歌山の2県が突出した個性を示しており、残り5県は全国におけるシェアと大差がない
  • 計測された件数比なので、実際のシェアを反映しているわけではないが、三重、和歌山の2県が突出した個性を示しており、残り5県は全国におけるシェアと大差がない
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 地方別特集に戴いたリクエストにお応えして、今回は2007年7月10日〜16日の測定データを用いて、最新の手法によりIPアドレス等を用いた発信地と回線種別の解析を行い、近畿地方からのデータについて回線種別による占有率を算出した。この統計では(前回と同様に)、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県(以上、都道府県コード順)の2府5県を近畿地方とした。

 バックナンバーの「【スピード速報】《近畿特集》滋賀・和歌山・奈良は全国並だが京阪神と三重は低速」と合わせてご覧いただきたい。

 図を見ての通り、この7府県における回線シェアは三重、和歌山の2県が突出した個性を示しており、残り5県は全国におけるシェアと大差がない。

 三重県については、CATVが6割近いシェアとなっている。バックナンバー「【スピード速報】佐賀、島根、栃木、三重、長野、岐阜では半数以上がCATV」で示したとおり、全国でもCATVが強い県と言われる状況は変わっていない。

 これに対して和歌山県では、測定データの7割以上が光ファイバからのアクセスであった。和歌山県の71.0%は、千葉県の72.1%についで全国2位であり、3位の東京都(69.7%)、4位の神奈川県(69.1%)、5位の埼玉県(68.8%)の上に立っている。

 残り5府県については、兵庫県のADSL比率が近畿ではトップであること(2位は奈良県)を除き、際立った個性はない。あえて言えば、大阪府の回線シェアが全国のシェアにもっとも似通っていること、滋賀県と京都府が似ていることであろうか。端が「とんがって」いることが近畿地方の個性なのかもしれない。
《平野正喜》

関連ニュース

特集

page top