YouTubeが圏外から一気に王座へ〜Infoseek 2007年上半期キーワードランキング | RBB TODAY

YouTubeが圏外から一気に王座へ〜Infoseek 2007年上半期キーワードランキング

エンタメ その他

 楽天が運営するポータルサイト「Infoseek」の2007年上半期の検索キーワードランキングが発表された。集計期間は2007年1月1日〜6月30日で、期間中の全検索回数をもとに各キーワードの「ポイント数」を算出。それぞれのランキング1位を100としてパーセンテージを示している。
 
 1位に輝いたのは、動画共有サイトの代名詞として定着した「YouTube」(2,300P・100%)。週間ランキングでも毎週のように1位にランクインしており、ユーザーの関心の高さがうかがえる。第2位は昨年の総合第3位からワンランクアップ「無料」(2,003P・87%)。昨年総合2位の「2ちゃんねる」(1,696P・74%)は3位となっている。
 
 注目のワードは5位にランクインした「ビリーズブートキャンプ」(1,489P・65%)。映像にそって運動するダイエットプログラムで、世界で1,000万セットを販売したという大ヒット商品だ。6月には考案者であるビリー・ブランクス氏も来日し話題を呼んだ。
 
 また、昨年の総合ランキングで15位の「ブログ」(1,466P・64%)は6位、同じく昨年18位の「mixi」(1,435P・62%)が7位と、ついにトップ10入りを果たしているのも興味深い。YouTube同様、定番サービスとして定着したといえるだろう。有名人では“グラビア界の黒船”と呼ばれた「リア・ディゾン」(792P・34%)が唯一トップ20にランクインしている。
 
 また、総合ランキングのほかに、「時事」「エンタメタイトル」「熱愛系有名人」などカテゴリー別のランキングも発表されている。「時事」カテゴリーの1位は2回目の喫煙問題で事務所を脱退した「加護亜依」(343P)。「エンタメタイトル」では「花より男子」(335P)、「熱愛系有名人」では「藤原紀香」(291P)、「スポーツ男性」では「斎藤佑樹」(231P)がそれぞれ1位を獲得している。
《小林聖》

関連ニュース

特集

page top