親子のあり方を見直す日——レックスマーク、「親子の日」イベントに同社製プリンタなど提供 | RBB TODAY

親子のあり方を見直す日——レックスマーク、「親子の日」イベントに同社製プリンタなど提供

IT・デジタル その他

 レックスマーク インターナショナルは、任意団体「親子の日普及委員会」が推進するプロジェクト「親子の日」に協賛するとして、同委員会の主催する写真コンテストの賞品として同社製品を提供するなどの協力を行う。

 親子の日は、写真家のブルース・オズボーン氏が中心となって活動している任意団体の親子の日推進委員会が提唱するプロジェクトで、7月第4日曜日を同記念日として設定しようというもの。なお、同氏は1980年に来日して以来、グループ展などを全国で多数開催している写真家で、1993年にはカンヌ国際広告フェスティバルにおいてブロンズ賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けている。

 親子の日にちなんで開催される主なイベントは以下のとおり。

●親子の日スーパーフォトセッション
親子の日にブルース・オズボーンが抽選で選ばれた100組の親子を撮影するイベント。撮影は東京都内の撮影スタジオで行われ、撮影した写真は後日郵送にてプレゼントされる。参加費用は無料。応募締め切りは7月13日(当日消印有効)。

●親子の日写真コンテスト2007
「スマイル」をテーマとする親子の写真を募集。応募作品の中から優秀作品を選出し、親子の日webサイトにて紹介する。賞品はレックスマーク製ワイヤレス複合機「X9350」(1台)、「X4550」(5台)、オリンパス製コンパクトデジカメ「μ780」(1台)など。応募締め切りは7月31日(当日消印有効)。

●親子の日エッセイコンテスト2007
「変わらない親子関係」「今だから笑える話」「忘れられない思い出」「自分が親になって初めて気づいた両親の気持ち」など、親子間のさまざまなエピソードを綴ったエッセイを募集する。原稿字数は400から800文字程度で、タイトルは自由。賞品はX9350(1台)のほか、レックスマーク製カラープリンタ「Z1420」(5台)オリンパス製コンパクトデジカメ「μ770SW」(1台)など。応募締め切りは7月31日(当日消印有効)。

●親子大賞2007
「仲良し親子」「元気な親子」「かっこいい親子」「ユニークな親子」など、メディアを通じてホットなニュースを提供してくれた親子を、親子の日webサイトにて公募し、表彰する。投票数の最も多かった親子には「親子大賞2007」が贈られる。また、特別選考委員長として漫画家のちばてつや氏を招き、同氏の選んだ親子には「特別賞」が贈られる。投票締め切りは7月31日で、発表は8月末。
《》

関連ニュース

特集

page top