【フォトレポート】話題のタブレットPC「KOHJINSHA SH」シリーズをチェック! | RBB TODAY

【フォトレポート】話題のタブレットPC「KOHJINSHA SH」シリーズをチェック!

 発売日を迎えた工人舎のミニノートPC「KOHJINSHA SH」シリーズ。今回はWindows Vista Home PremiumにOffice搭載の「SH6WP10F」が手に入ったので、一足先にその実力をチェックしてみた。

IT・デジタル ノートPC
専用スタンド使用時。奥行き約19cmで、使わないときはスマートに収納できる
  • 専用スタンド使用時。奥行き約19cmで、使わないときはスマートに収納できる
  • ディスプレイをたたんだ場合、自動的にスリープ状態になる
  • ディスプレイは180度回転
  • 本体左側面。カバー内にはUSB2.0ポートと有線LANポートが備えられている
  • 正面。ワイヤレスLANのスイッチや音量調整、イヤホン・マイク端子が備えられている
  • 本体右側面。SDメモリーカードスロットにCFカードスロット、USB2.0ポートを搭載
  • フリップ3Dなどエアロもバッチリ動作。3Dゲームなどはさすがに厳しいが、動画再生などは十分な性能を発揮
  • 「KOHJINSHA SA」シリーズから一新されたキーボード。ファンクションキーもきちんと揃い、比較的標準的な配列になっている。キーピッチは15.9mm、キーストロークは1.5mmで、パンタグラフ方式。「小型化とタイプしやすさの両立を目指した」という開発担当者の言葉どおり、サイズにさえ慣れてしまえば、ほとんど違和感を感じずにタイプすることができる
 発売日を迎えた工人舎のミニノートPC「KOHJINSHA SH」シリーズ。今回はWindows Vista Home PremiumにOffice搭載の「SH6WP10F」が手に入ったので、一足先にその実力をチェックしてみた。

 さっそく起動させてみる。編集部での実験では、電源を入れてからデスクトップが表示されるまでで、約2分30秒。しかし、起動後のソフトの動作はおおむね快調で、ワードやエクセルなどを使っていても、イライラさせられることはなかった。
 
 Windows Vista Home Premium搭載モデルを用意しているだけあって、グラフィック性能はしっかり強化されているという印象。ワンセグ放送もコマ落ちなどを感じることもなく、ワードなどほかのソフトを使いながらでもスムーズに動作した。実験しながら、実際に本機で原稿を書いていたのだが、つい見入ってしまって仕事が進まなかった。これは誤算だ。

 あえて注文をつけるなら、CPUの性能だ。処理速度がもう少し上がれば文句なしというところだが、遅いといってもデスクトップPCに比べて感じるだけで、使っていてストレスを感じるというレベルではない。現時点でこの価格にこの性能は非常に魅力的だ。
 
 実機の返却期限まであと数日。正直いって、返したくないなぁ。
《小林聖》

特集

page top