サンディスク、microSDカードスロット搭載のフラッシュメモリ内蔵オーディオプレーヤー | RBB TODAY

サンディスク、microSDカードスロット搭載のフラッシュメモリ内蔵オーディオプレーヤー

IT・デジタル その他

Sansa c200
  • Sansa c200
 サンディスクは、フラッシュメモリータイプのデジタルオーディオプレーヤー「Sansa c200」シリーズを6月21日に発売する。メモリ容量2GBモデル「Sansa c250」と、1GBモデル「Sansa c240」というラインアップ。いずれも価格はオープンで、予想実売価格はc250が11,000円前後、c240が8,000円前後。

 同シリーズは、解像度128×98ピクセルの1.4型LCDディスプレイを搭載するデジタルオーディオプレーヤー。本体にフラッシュメモリを内蔵するほか、microSDカードスロットを搭載しており、メモリ容量の拡張をサポートする。再生フォーマットはMP3/WMA形式およびDRM付きWMAに対応。JPEG画像を表示することもできる。そのほか、20局までプリセットが可能なFMラジオや、ワンプッシュで録音を開始できるボイスレコーダー機能も搭載する。電源は交換可能なリチウムイオン電池で、連続再生時間は約15時間。

 インターフェースはUSB2.0。本体サイズは幅81×高さ33.3×奥行き15.3mmで、重さは42g(バッテリを含む)。ステレオヘッドホン、USBケーブルなどが付属する。本体カラーはc250がブラックのみ、c240はブラック/レッド/ブルーの3色。
《》

関連ニュース

特集

page top