【Interop Tokyo 2007 Vol.17】ジュニパー、コアルーターの最新機種「T1600」を展示 | RBB TODAY

【Interop Tokyo 2007 Vol.17】ジュニパー、コアルーターの最新機種「T1600」を展示

エンタープライズ その他

ジュニパーブース
  • ジュニパーブース
  • 「T1600」
  • 「T1600」
  • アピールポイント
 ジュニパーネットワークスは12日に発表したコアルータ「T1600」をInterop Tokyo 2007の会場で披露した。「T1600」はインターフェイスカード1枚あたりスループットは100Gbos(半二重で200Gbps)。16枚のインターフェイスカードを搭載することで、最大スループットは1.6Tbps。市場における従来製品と比べてラック容量は-60%、消費電力は-49%、重量は-67%といった優位性、T640からのシームレスなアップグレードをアピールしていた。
《RBB TODAY》

特集

page top