シャープ、ツインサブウーハーを搭載したiPod対応オーディオシステム | RBB TODAY

シャープ、ツインサブウーハーを搭載したiPod対応オーディオシステム

IT・デジタル その他

DK-A10CD(ホワイト、リモコン付属、iPodは別売)
  • DK-A10CD(ホワイト、リモコン付属、iPodは別売)
  • DK-A1(ブラック、リモコン付属、iPodは別売)
 シャープは13日、独立型ツインサブウーハーを搭載したiPod対応オーディオシステム「DK-A10CD」と「DK-A1]の2製品を発表した。いずれもカラーはブラックとホワイトの2色で、価格はオープン。予想実売価格は、DK-A10CDが40,000円前後、DK-A1は30,000円前後で、7月5日発売。

 2製品はいずれも、iPod専用Dockコネクタを搭載するオーディオシステム。iPodの音楽再生と充電に対応するほか、アナログ音声入力端子を装備することで、そのほかのポータブルオーディオプレーヤーや音楽再生機能付き携帯電話などにも対応する。また、映像出力端子も装備しており、iPodに保存した映像をテレビなどに出力することもできる。さらに、上位機種であるDK-A10CDは、スロットインタイプのCDプレーヤーを内蔵するモデルで、CDのほか、WMA/MP3を記録したCD-R/RWの再生にも対応する。

 2製品に共通する仕様として、滑らかなラウンドフォルムデザインを採用した筐体には、6.5cmフルレンジのスピーカーを2基搭載するほか、左右に10cm径のサブウーハーを搭載。重低音の強化を図るとともに、メインスピーカーとサブウーフハーにそれぞれ専用のスピーカーボックスを備える4−BOX構造とすることで、高音と低音が干渉しないよう配慮している。そのほか、FM/AMチューナを搭載。また、同社製オーディオプレーヤー「MP-E200/E300」などのFMトランスミッター出力をワンボタンで受信できる「プライオリティプリセット」ボタンを装備する。

 実用最大出力は、メインスピーカーが2W×2chで、サブウーハーは5W×2ch。本体サイズは、DK-A10CDが幅500×高さ150×奥行き250mmで、重さは6.0kg、DK-A1は幅400×高さ145×奥行き251mmで、重さは5.2kg。カード型リモコン/iPod用アダプター×8/FM用アンテナなどが付属する。
《》

関連ニュース

特集

page top