ソフトバンクテレコム、1,000円分のプリペイドカードの通話分数が少なくなる現象 | RBB TODAY

ソフトバンクテレコム、1,000円分のプリペイドカードの通話分数が少なくなる現象

 ソフトバンクテレコムは13日、同社の国内・国際電話プリペイドカード「Comica(コミカ)」の一部のIDが二重に発行されたために規定の通話分数が満たされない現象が発生していると発表した。

ブロードバンド その他
 ソフトバンクテレコムは13日、同社の国内・国際電話プリペイドカード「Comica(コミカ)」の一部のIDが二重に発行されたために規定の通話分数が満たされない現象が発生していると発表した。

 同現象が発生しているのは、4月6日から6月4日に出荷されたComica1,000円券で、シリアル番号「1201115-00164009001」から「1201115-00164010000」までの1,000枚のうち228枚。今回の現象が発生した原因は印刷ミスによるID番号の二重発行としている。

 同社では、お客様センターにて24時間・年中無休の電話受付を行い、二重発行されたComicaを持つユーザーに新しいID番号を発行することで対応する。

連絡先: お客様センター 0120-85-0061 (24時間受付/年中無休)
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top