ブロケード、データセンター・ネットワーキング・ソリューションを拡張する製品群を発表 | RBB TODAY

ブロケード、データセンター・ネットワーキング・ソリューションを拡張する製品群を発表

 米Brocade社(ブロケード)は5月31日(米国時間)、同社のデータセンター・ソリューション製品戦略を一層拡充する、新しいサーバ接続製品ファミリの追加を発表した。今回発表されたのは、ホスト・バス・アダプタ(HBA)製品と、サーバ・アダプタ製品の2製品群。

エンタープライズ その他
 米Brocade社(ブロケード)は5月31日(米国時間)、同社のデータセンター・ソリューション製品戦略を一層拡充する、新しいサーバ接続製品ファミリの追加を発表した。今回発表されたのは、ホスト・バス・アダプタ(HBA)製品と、サーバ・アダプタ製品の2製品群。

 HBAでは、WindowsやLinuxで動作するサーバ向けにiSCSI接続を提供する「Brocade 2110 iSCSI イニシエータ HBA」と、PCI-Expressデザインを施した高性能4ギガビット/秒(bps)ファイバーチャネルHBA製品ファミリを発表。Brocade 2110は発表同日より発売、4GbpsファイバーチャネルHBAは7月末発売予定となっている。

 また、サーバ・アダプタでは、8Gbpsファイバーチャネルおよび10ギガビット・イーサネット製品を含む、次世代のサーバ接続製品に関する今後の計画を発表。これらのインテリジェント・サーバ・アダプタは、現在提供されているHBA機能のほか、次世代のSANスイッチングおよびデータセンター・ネットワーキング・テクノロジとの、より緊密なインテグレーションを含む数々の先進機能を搭載予定だとしている。なお、次世代のBrocadeインテリジェント・サーバ・アダプタは2008年に発売される計画だという。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top