パナソニック コミュニケーションズ、ネットワークカメラ専用ソフト「BB-HNP15」を発表 | RBB TODAY

パナソニック コミュニケーションズ、ネットワークカメラ専用ソフト「BB-HNP15」を発表

エンタープライズ その他

 パナソニック コミュニケーションズは26日、同社製ネットワークカメラの音声付き画像を、PCを利用して簡単に録画・再生できるほか、さまざまな画面レイアウトで複数のカメラ画像をモニタリングできる、ネットワークカメラ専用録画ビューアソフト「BB-HNP15」を5月24日に発売すると発表した。価格は62,790円。対応OSはWindows Vista/XP/2003 Server。

 従来製品「BB-HNP11」の機能強化版となるBB-HNP15は、多彩なモニタリングを実現するマルチモニタリングへの対応が最大の特徴だ。複数のカメラ画像を同時に表示させ、任意のカメラ画像だけを拡大表示できるなど、さまざまな画面レイアウトでのモニタリングや、複数カメラの巡回表示などが可能なほか、最大4台のカメラの録画画像を同時に再生できるマルチ再生画面にも対応する。

 さらに、動作検知録画の検知範囲の指定が可能になったほか、画像圧縮率の高いMPEG-4方式での録画などといった録画機能の強化や、録画画像の検索機能の強化など、使い勝手も大幅に向上されているという。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top