録画もフルHD時代に! 松下、フルHD録画対応デジタルビデオカメラ2モデル | RBB TODAY

録画もフルHD時代に! 松下、フルHD録画対応デジタルビデオカメラ2モデル

IT・デジタル デジカメ

HDC-SD3
  • HDC-SD3
  • HDC-DX3
 松下電器産業は3日、フルHD動画撮影対応のデジタルビデオカメラを発表した。今回発表されたのは、「HDC-SD3」と「HDC-DX3」の2機種で、ともに4月25日発売。価格はオープンで、予想実売価格はそれぞれ150,000円前後、140,000円前後。

 HDC-SD3はSDメモリーカード を、HDC-DX3は8cmDVDメディアを記録メディアとして使用する。ともに1, 920×1,080ピクセルのフルHD画質での録画が可能なのが最大の特徴だ。フルHD録画 はハイビジョン録画規格AVCHD対応のビデオカメラとしてはこれが世界初だという。同社はハイビジョ ンテレビの普及に伴い、ビデオカメラの画質もハイ ビジョンへと移行していくと予測している。

 また、HDC-SD3は記録メディアにSDメモリーカー ドを採用することで、テープやディスクなどに比べ読み取りや書き込み機構が簡略化され、コンパクト化を実現している。衝撃などに強いのもウリだ。

 インターフェースとしてHDMI/D3端子を備え、対応するテレビなどに出力可能。同社のBlu-rayレコーダー「DMR-BW200/BR100」からSDメモリーカード内の映像をBlu-ray Discに保存することもできる。別途DVD作成ソフトなどでDVDディスクを作成することで、AVCHD非対応のDVDプレーヤーでの再生に対応する。

 CCDにはハイビジョン用に開発した「テルニオン 3CCD HD」を採用。同社従来品「SDR-S200」に比べ、約2倍以上の色解像度となっているという。ズームは光学12倍で、光学手ブレ補正機能を搭載。録音は5.1chサラウンド録音。

 HDC-SD3の対応メディアはSDメモリーカード (256MB〜2GB)/SDHCメモリーカード(4GB)。記録形式はMPEG-4 AVC/H.264。本体サイズは、幅74×高さ69×奥行き142mm。バッテリーなどを含んだ重さは約490g。付属バッテリーでの連続撮影時間は、液晶ディスプレイ使用時で約65分(HE記録モード)。

 HDC-DX3の対応メディアは8cmDVD-RAM Ver.2.1/8cmDVD-R for General Ver.2.0/8cmDVD-RW  Ver.1.1 2x-Speed(2x/1x)/8cmDVD-R DL Ver.3.0。記録形式はMPEG-4 AVC/H.264。本体サイズは、幅92×高さ91×奥行き163mm。バッテリーなどを含んだ重さは約800g。付属バッテリーでの連続撮影時間は、液晶ディスプレイ使用時で約95分(HE記録モード)。
《》

特集

page top