NTT東日本、Bフレッツの新規ユーザにIPv6アドレスを割当 | RBB TODAY

NTT東日本、Bフレッツの新規ユーザにIPv6アドレスを割当

ブロードバンド テクノロジー

 NTT東日本は、2月24日から新規に開通するBフレッツ契約回線に対してIPv6アドレスの無償割り当てを開始した。Bフレッツ契約料、工事費、月額利用料などに変更はない。

 今回割り当てられるIPv6アドレスはNTT東日本が提供するサービスに使われるもの。インターネット接続などでの利用はできないほか、同社のIPv6専用サービス「フレッツ・ドット・ネット」を利用するには別途契約と利用料が必要となる。また、利用可能なサービスについては現在検討中だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top