懐かしの映画・アニメを自由に編集できるサービスが登場 | RBB TODAY

懐かしの映画・アニメを自由に編集できるサービスが登場

エンタメ その他

 DEPとウノウは24日に、コンテンツ面における提携を行い、DEPが開発した動画コンテンツ編集ツール「i-Cut!」のサービスを、ウノウが運営する映画サイト「映画生活」にて提供開始したことを発表した。

 DEPは「ポパイ」や「ベティブープ」「スーパーマン」など、有名クラッシックムービーの包括的利用権を保有する。一方ウノウは映画専門サイト「映画生活」や動画・写真共有サイト「フォト蔵」などを運営している。

 「i-Cut!」は、DEPが米UNITEDFILM社よりライセンスを取得した、1910年代から1980年代の懐かしの映画、アニメーション、ドキュメンタリーといった動画素材をユーザが自由に編集することができるサービスで、動画に字幕を付けたり、キャラクターに吹き出しを付けたり、エフェクト処理を付けたりすることができる動画編集ツールとなっている。さらに、作成した動画をメールで送ったり、ブログに貼り付けたりすることも可能で、誕生日やイベントのお知らせなど、グリーティング動画としても活用可能だ。

 また、「映画生活」サイト内に「動画」コーナーを設け、従来の予告編のみならず、ユーザが「i-Cut!」で制作した「My Movie」の紹介などを実施する。さらに、それぞれの作品ページに動画をアップできる機能を追加し、現在「i-Cut!」で使用した動画素材の作品ページでは、10分以上の動画を視聴できるようになっている。

 具体的には、ホットペッパーのTVコマーシャルのように、懐かしの映画に関係のないセリフをアテレコしたりして、オモシロ動画を作れる、というわけだ。アイデア次第では、かなりの大作も作成できるだろう。

 「i-Cut!」の利用には「映画生活」への登録(無料)が必要となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top