インテル、クアッドコアCPU「Xeon 5300番台」などを本日出荷 | RBB TODAY

インテル、クアッドコアCPU「Xeon 5300番台」などを本日出荷

IT・デジタル その他

代表取締役共同社長の吉田和正氏
  • 代表取締役共同社長の吉田和正氏
  • 2006年にリリースされたプロセッサー
  • マーケティング本部 本部長の阿部剛士氏
  •  インテルは15日、IAプロセッサーでは世界初となるクアッドコア(4コア)プロセッサーとして、まず「Xeon 5300番台」と「Core 2 Extreme QX6700」を発表した。同日、量産出荷となる。
  • デル、東芝、IBM、NEC、HP、日立、富士通、マイクロソフトの担当者
 インテルは15日、IAプロセッサーでは世界初となるクアッドコア(4コア)プロセッサーとして、まず「Xeon 5300番台」と「Core 2 Extreme QX6700」を発表した。同日、量産出荷となる。

 QX6700は、ハイエンドデスクトップPC向けとして現状で唯一のクアッドコアプロセッサーとなる。周波数違いなどは用意されいない。既存のIntel 975Xチップセットとの組み合わせで動作する。性能は、既存のCore 2 Extreme X6800に比べて最大で70%高速だという。プラットフォームとしてViivには対応するが、vProには非対応となる。

 Xeon 5300番台は、DP(デュアルプロセッサー)対応のプロセッサーで、主として小規模サーバを対象とする。クロック周波数/システムバスクロックの違いで4種類が発表された。各モデルの詳細と、価格は以下のとおり。

・クアッドコア Xeon X5355
 動作周波数 2.66GHz、1333MHzシステムバス
 TDP 120W
 14万850円

・クアッドコア Xeon E5345
 動作周波数 2.33GHz、1333MHzシステムバス
 TDP 80W
 10万2,270円

・クアッドコア Xeon E5320
 動作周波数 1.86GHz、1066MHzシステムバス
 TDP 80W
 8万2,920円

・クアッドコア Xeon E5310
 動作周波数 1.60GHz、1066MHzシステムバス
 TDP 80W
 5万4,680円

・Core 2 Extreme QX6700
 動作周波数 2.66GHz、1066MHzシステムバス
 TDP 130W
 12万60円

※価格は1,000個受注時の単価

 発表会では、まずインテルの代表取締役共同社長の吉田和正氏が登壇し、Viiv、Centorino Duoからアップルのインテルプロセッサー採用といった今年のニュースを紹介し、「インテルにとっても2006年はとても多くのことがあった年」だと紹介した上で、今年の締めくくりとなると考えられるクアッドコアプロセッサーの発表を行なった。

 続いて、同社のマーケティング本部 本部長の阿部剛士氏が製品の詳細についてプレゼンテーションを行なった。同氏はまず、現時点でのインテルの最新の製造プロセスが65nmプロセスであることから話を始めた。11月15日時点で、「インテルが65nmプロセスで製造し、出荷したプロセッサーは4,600万個、その中でデュアルコアプロセッサーの出荷実績は600万個に達している」という。次いで「クアッドコアプロセッサーでは、今後3四半期で最低でも100万個を出荷する計画であり、3四半期目にはデュアルプロセッサーサーバ市場の40%をクアッドコアプロセッサーで占めることになる」と予測した。

 発表にはデル、東芝、IBM、NEC、HP、日立、富士通といったサーバメーカーとマイクロソフトの担当者が顔を揃え、それぞれにクアッドコアプロセッサーの採用計画などを明らかにした。
《渡邉利和》

関連ニュース

特集

page top