デノン、ハイクオリティオーディオシステム「CXシリーズ」のプリメインアンプとSACDプレーヤー | RBB TODAY

デノン、ハイクオリティオーディオシステム「CXシリーズ」のプリメインアンプとSACDプレーヤー

IT・デジタル その他

プリメインアンプ「PMA-CX3」
  • プリメインアンプ「PMA-CX3」
  • プリメインアンプ「PMA-CX3」
  • SACDプレーヤー「DCD-CX3」
  • SACDプレーヤー「DCD-CX3」
 デノンコンシューマーマーケティングは、「音楽と人を結ぶ上質なパートナーシップの象徴」として、従来のリスニング空間とは異なる佇まいを新提案するオーディオシステム「CXシリーズ」のラインアップとなる、プリメインアンプ「PMA-CX3」とSACDプレーヤー「DCD-CX3」を11月下旬に発売する。価格はともに126,000円。

 CXシリーズは、レコードジャケットサイズのスクエアなシルエットと、厳選された素材を使用した精緻な外観が、心地よい音楽空間を演出するオーディオシステム。アルミ材のフロントトップサイドパネルの精緻な組み立て、5mmの薄型アルミトレー、手触りの良いブライヤーと削り出しのアルミノブなど、それぞれのパーツが仕上げの美しさだけではなく、操作性の良さや振動などにおける音への影響も考慮し、緻密に設計されているという。

 それぞれの主な仕様は以下のとおり。

●プリメインアンプ「PMA-CX3」
・パワーアンプ部
 定格出力:75W+75W
 実用最大出力:150W+150W
 全高調波歪み率:0.1%
 適合スピーカーインピーダンス:4Ω〜16Ω
・プリアンプ部
 イコライザーアンプ出力:150mV
 入力感度/インピーダンス:CD、LINE1〜3:130mV/47kΩ、PHONO MM:5mV/47kΩ、PHONO MC:0.2mV/100Ω
 RIAA偏差:PHONO MM:20Hz〜20kHz±0.5dB、PHONO MC:30Hz〜20kHz±0.5dB
・総合特性部
 周波数特性:5Hz〜40kHz(0〜−3dB)
 SN比(Aネットワーク):CD、LINE1〜3:95dB(入力端子短絡時)、PHONO MM:84dB(入力端子短絡時、入力信号5mV時)、PHONO MC:70dB(入力端子短絡時、入力信号0.5mV時)
・その他
 消費電力:165W(スタンバイ時約0.5W)
 本体サイズ・重さ:幅300×高さ80×奥行き341mm、5.5kg

●SACDプレーヤー「DCD-CX3」
・アナログ出力
 チャンネル:2ch(SACD/CD)
 再生周波数範囲:2Hz〜100kHz(SACD)、2Hz〜20kHz(CD)
 再生周波数特性:2Hz〜50kHz(-3dB)(SACD)、2Hz〜20kHz(CD)
 SN比:112dB(可聴帯域)(SACD)、118dB(CD)
 ダイナミックレンジ:109dB(可聴帯域)(SACD)、100dB(CD)
 高調波歪率:0.0007%(1kHz 、可聴帯域)(SACD)、0.0017%(1kHz)(CD)
 ワウフラッター:測定限界以下(SACD/CD)
 出力レベル(UNBALANCE):2.0V(10kΩ)(SACD/CD)
・信号方式:1ビットDSD(SACD)、16ビット・リニアPCM(CD)
・その他
 消費電力:22W(スタンバイ時約0.2W以下)
 本体サイズ・重さ:幅300×高さ80×奥行き310mm、7.0kg
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top