CEATEC JAPAN 2006を総括 | RBB TODAY

CEATEC JAPAN 2006を総括

ブロードバンド その他

CEATEC JAPAN 2006 幕張メッセ 例年にない盛り上がり
  • CEATEC JAPAN 2006 幕張メッセ 例年にない盛り上がり
  • NECブースで大活躍のパペロ。目標はホンダのアシモか
  • PCマニアにはおなじみのATi。ネットゲームができる携帯電話
  • 東芝ブースのメインステージに見られたSED
  • 三菱は米国向けの65/57型リアプロテレビを参考出品
 10月3日〜7日、幕張メッセにてIT、エレクトロニクスの総合展示会、CEATEC JAPAN 2006が開催された。RBB TODAYでは、基調講演や会場の模様、注目製品や技術を紹介してきたが、その全体を編集部で総括してみた。

 まず、今年のCEATECは例年以上の盛り上がりを見せていた。情報家電、NGN、FMCなどといったキーワードとともにコンシューマエレクトロニクスのメーカーだけでなく、通信事業者、自動車メーカー、ISPなどさまざまな業種との垂直統合が進んだため、企業やブースのバリエーションが増えたからだろう。例えば、基調講演にヤフー楽天からの発表があったのも注目されていた。その2社の内容が期せずして戦略の重なる部分があったのも面白い。

 【関連記事】
・【CEATEC 2006 Vol.22】楽天が支持されるこれだけの理由——会長兼社長の三木谷氏が基調講演でアピール!
・【CEATEC 2006 Vol.21】ターゲットは携帯だけではない!カーナビ、テレビでも新サービス展開!
・ノーテルとネクストコム、高松市にてワイヤレスメッシュネットワークを構築
・NEC、行政サービスや医療、災害対策などにもNGNを積極的に導入
・松下、「ひかり電話ビジネス」を直接収容できるIP-PBX「IP-DigaportIIシリーズ」

 そのテレビについては、HD(ハイビジョン)化の波は確実にきている。液晶ディスプレイとプラズマディスプレイの展示はフルスペックHDが主力となっている。市場では、特定の工場名のブランド化に成功したシャープの液晶が先行しているが、応答速度など根強いプラズマファンも多い。そこに新たにSEDが名乗りを上げている。文句なしの画質の良さは注目度も高く、値段が少々高くてもマニアやプロフェッショナル層に浸透しそうだ。

 【関連記事】
・【CEATEC 2006 Vol.26】三菱、米国向けの65/57型リアプロテレビを参考出品
・【CEATEC 2006 Vol.25】ビクター、液晶テレビやリアプロテレビを中心にAV関連機器を展示
・【CEATEC 2006 Vol.15】東芝ブースにもSEDを展示!SEDが待ち時間なしで見られる
・【CEATEC 2006 Vol.12】55型フルHDのSEDテレビを参考出展 SED目当てにブースを囲む大行列
・シャープ、トウモロコシを原料とした速乾性のデンプン塗料をAQUOSのスタンド部に採用
・日立、IPSαパネル採用の37/32/26型液晶TVと1080ALISパネル採用の37型プラズマTV
・【Display 2006】国際フラットパネルディスプレイ展「Display 2006」が開幕

 テレビときたら録画である。レコーダー市場の見所は、なんといってもHD DVD陣営とBlu-ray陣営の熱いバトルにつきるだろう。今回のCEATECのじつはメインテーマといってもよい。会場では、各メーカーのブースで新製品やコンテンツのガチンコ勝負が繰り広げられていた。

 【関連記事】
・【CEATEC 2006 Vol.3】ソニー、Blu-rayレコーダー2機種を同社ブースで発表
・【CEATEC 2006 Vol.20】松下、Blu-rayレコーダーの新製品「DMR-BW200/BW100」 Blu-rayの画質は?
・シャープのデジタルAVリンク機能「ファミリンク」の実力を試す
・東芝、片面でHD DVDとDVDの両フォーマットが再生できる「3層ツインフォーマットディスク」を開発
・【A&Vフェスタ2006】松下、最新のBlu-rayレコーダーやフルHDプロジェクターなどを出展

 携帯電話はどうだろうか。全体的に黒を基調に落ち着いた雰囲気で新技術やサービス、とくにセキュリティを意識した展示が目立つドコモに対して、auは白とオレンジの明るいブースで、テレビ電話新機種、win端末サービスなどをステージショーも使い華やかに紹介するなど、まさに両雄対決といった風情だ。次世代携帯では、HSDPA端末が目をひき、どこか余裕さえ感じられるドコモだが、WiMAXとEV-DOのハンドオーバー実験などFMCという面ではauのほうが進んでいるように感じられた。

 【関連記事】
・【CEATEC 2006 Vol.19】au新機種カタログ(画面はハメコミ合成ではありません!)
・【CEATEC 2006 Vol.14】5.1chが聞けるデジタルラジオ対応携帯(ドコモ)
・【CEATEC 2006 Vol.8】auデジタルラジオ対応端末は年度内発売?
・【CEATEC 2006 Vol.4】auのテレビ電話でマミちゃんとお話!?
・【CEATEC 2006 Vol.2】ドコモ、「N902iX」のレッドモデルなどHSDPA製品が並ぶ
・NTTドコモ、FOMA向けデータリンクソフト「ドコモケータイdatalink」の無償提供を開始
・au版モバオクの「auオークション」がPCからも利用可能に
・携帯電話向けヤフー、フルブラウザがなくてもPC向けWebサイトの閲覧が可能に
・WiMAX特集

 社名変更したばかりのソフトバンクが出展していなかったのは意外だったが、端末を供給しているメーカーのブースには製品が展示してあった。しかし、iPodと端末のセット販売Y!ボタンの発表、かくし玉をにおわすなど、独自のロードマップで動いている。
《RBB TODAY》

特集

page top