エレベータの恐怖かラーメンズの笑いか? 第2日テレ シネマコンプレックス | RBB TODAY

エレベータの恐怖かラーメンズの笑いか? 第2日テレ シネマコンプレックス

エンタメ その他

 世界各国で作られた選りすぐりのショートフィルムが一挙に見られる“ショートフィルム専門店”、それが「第2日テレ シネマコンプレックス」だ。現在、ショートフィルム作品を中心に、オリジナルコンテンツ含め、約70本の作品をすべて無料で配信中だ。

 そんな「第2日テレ シネマコンプレックス」の10月のラインアップが決定した。4日からは、あの「CUBE」「CUBE2」を作った監督、ヴィンチェンゾ・ナタリが贈る極上のショートフィルム「ELEVATED」(20分)が登場。密室エレベーターでの地獄のような恐怖が極度のパニック状態を引き起こす作品だ。そのほか、11日からは駐車場を巡って繰り広げられるスピード感溢れるレースを描いた「Space Chase」(6分13秒)、10月18日からは精神病院から異常者が抜け出したというラジオを聞いた少年の顛末を描く「Tramper」(13分25秒)といった作品も配信予定となっている。

 そして大好評の「ラーメンズ」シリーズ第1弾「SAKURA WONDERFUL JET」の英語版が25日に登場だ。監督は、映像集団「teevee graphics」の小島淳二氏と、ラーメンズのブレーン小林賢太郎氏がタッグを組んで、新たな映像の世界を生み出したユニット「Namikibashi」だ。

 いずれも、視聴には無料の会員登録が必要となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top