NEC、アジア最大のIPコールセンターをKDDIに構築。将来的には7,000席規模に拡大可能 | RBB TODAY

NEC、アジア最大のIPコールセンターをKDDIに構築。将来的には7,000席規模に拡大可能

 日本電気(NEC)は29日、KDDI向けにIPコールセンターを構築し、9月から本格稼働が開始されたと発表した。将来的には7,000席まで拡張が可能で、アジアで最大規模のIPコールセンターシステムだとしている。

エンタープライズ その他
 日本電気(NEC)は29日、KDDI向けにIPコールセンターを構築し、9月から本格稼働が開始されたと発表した。将来的には7,000席まで拡張が可能で、アジアで最大規模のIPコールセンターシステムだとしている。

 このコールセンターは、固定電話サービス、携帯電話の「au」、ISPの「DION」のユーザ対応を行うために構築。東京や大阪などに分散しているが、テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」を採用し、1つのシステムのように統合。効率的な運用が実現されているという。

 またオペレーターが使用する大半の電話は、ソフトフォンを採用。省スペース化と、作業の効率化をねらっている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top