J:COM、無線LAN内蔵携帯電話/PHSが固定電話の子機となるFMSサービスのトライアルを開始 | RBB TODAY

J:COM、無線LAN内蔵携帯電話/PHSが固定電話の子機となるFMSサービスのトライアルを開始

ブロードバンド その他

 ジュピターテレコムは、FMC(Fixed Mobile Convergence)サービスの商用化に向けたトライアルを10月より開始する。

 同トライアルは、家庭用固定電話の子機として無線LAN内蔵携帯電話/PHS端末を利用し、家庭用固定電話の回線で発着信を可能とするもので、日本では初となる本格的なFMCサービスだ。トライアルで使用されるのはWi-Fi内蔵の高機能携帯電話/PHSで、J:COMが設置するサーバで呼制御を行うことにより、移動体通信事業者にかかわらず利用できるキャリアフリーのサービスを実現した。

 J:COM社内に構築するトライアル環境は、米ロングボードのIMSフレームワークに完全適合したFMC対応機能搭載のSIPアプリケーションサーバを利用し、コミューチュアと協力して検証を実施する。また、同社既存のIP電話システムのインテグレーションを担当する住商情報システムとともに商用化の実現を検討するとした。

 同社では、9月より実験環境の構築に着手し、10月より1か月から1か月半程度の期間トライアルを行う予定だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top