平成電電のサービス、ソフトバンクグループの代替サービスに移行へ | RBB TODAY

平成電電のサービス、ソフトバンクグループの代替サービスに移行へ

ブロードバンド その他

 日本テレコムは31日、平成電電から通信サービスの事業譲渡を受けたサービスについて見直しを行い、日本テレコムおよびソフトバンクグループの関連サービスへ移行すると発表した。

 これに伴い、平成電電が運営していたサービスは10月20日より順次終了していくことになる。ただし、平成電電コミュニケーションズが提供していた「中継電話サービス」については、今後も日本テレコムが継続運営するとしている。

 終了対象サービスと提供終了日、日本テレコムが提案する代替サービスは以下のとおり。

・電話サービス「CHOKKA」:10月31日終了 → 「おとくライン」(変更手続き不要)
・ADSLサービス「でんわ石火」:10月20日終了→「Yahoo!BB ADSL」(変更手続き必要)
 ※「CHOKKAまるごとインターネット」などのサービスも含む
・ADSLサービス「電光石火」:10月31日終了→「Yahoo!BB ADSL」(変更手続き必要)
・ISPサービス「Hey-Say.net」:11月30日終了→「ODN」ダイヤルアップ接続(変更手続き必要)
・ISPサービス「TRY-NET」:11月30日終了→「ODN」ダイヤルアップ接続(変更手続き必要)
・無料ISPサービス「FREECOM」:終了予定(期日は別途告知)→未定
・無料ISPサービス「freemail」:終了予定(期日は別途告知)→未定
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top