ドリームテクノロジーズのスポンサー支援打ち切り理由を平成電電は否定 | RBB TODAY

ドリームテクノロジーズのスポンサー支援打ち切り理由を平成電電は否定

ブロードバンド その他

 16日の夜、ドリームテクノロジーズは平成電電の支援の打ち切りを発表した。理由は、平成電電が再建計画を提出しなかったり、提出した資料の数字が信用できないためだとしている。しかし平成電電は、これに反論している。

 ドリームテクノロジーズは、平成電電への支援打ち切りの理由として、具体的に「合理的かつ現実的な事業計画を提出して欲しい旨の弊社からの再三に亘る要求にもかかわらず、弊社の意向は全く反映されないまま、再生計画の策定が進められてきました」と非難。「事業計画は、再生計画の裁判所への提出期限の直前に至るまで数字が確定されないものであり、弊社に提出された直後には説明が変わり数字も変わってしまうような信頼に値しないものでした」としている。スポンサーであるドリームテクノロジーズに対して、平成電電は、協力的ではなかったというものだ。

 これに対し平成電電の代表取締役である佐藤賢治氏は、「2月半ばに、(平成電電とドリームテクノロジーズは)1つの事務所になりまして、ほぼ毎日会議をしておりました」と説明。「同じビルの同じフロアにある会社が、意思疎通がないということはないと考えています」としている。そのうえで、「開示をしなかったとか、ミーティングをしなかったという事実はありません」とドリームテクノロジーズの主張を否定。ドリームテクノロジーズとともに、再生計画を進めていたとしている。

 しかし、「これに関して、他社さんを批判するつもりもありません」とし、ドリームテクノロジーズに対する明確な反論は避けた。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top