平成電電、日本テレコムにすべての事業を譲渡 | RBB TODAY

平成電電、日本テレコムにすべての事業を譲渡

ブロードバンド その他
 平成電電は、日本テレコムにすべての事業を譲渡すると発表した。譲渡金額は約10億円。譲渡実行日は6月16日が予定されているが、諸事情により変更になる可能性もあるとしている。

 譲渡されるのは、ADSL接続サービス、直収電話、ISPサービスなどすてのサービス。譲渡後のサービス内容については、詳細が決定次第、ユーザに連絡をするとしている。

 平成電電は2005年10月3日に東京地方裁判所に民事再生法を申請(負債総額は1,200億円)。12月12日にはスポンサーとしてドリームテクノロジーズが決まり、再建を進めていた。しかし、2006年4月16日にドリームテクノロジーズがスポンサーの打ち切りを発表。平成電電は精算の方向に向かった。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top