J:COM NET、9月から迷惑メール自動振り分けと25番ポートブロック」を全局で実施 | RBB TODAY

J:COM NET、9月から迷惑メール自動振り分けと25番ポートブロック」を全局で実施

エンタープライズ その他

 ジュピターテレコム(以下、J:COM)は、無料セキュリティサービスの一環として迷惑メール撃退サービスの機能を拡張し、迷惑メール自動振り分け機能を追加する。あわせて、「メール送信ポート(25番ポート)ブロック」によるスパムメール発信への規制にも対応する。

 迷惑メール自動振り分け機能は、データベース上で登録されたパターンと照合し、迷惑メールやスパムメールと判断された受信メールを、自動的に振り分けるもの。この振り分けられたメールは2週間程度で削除されるが、それまではWebメールを利用して確認もできる。この機能は関西エリアではすでに3月より開始しているが、今年9月からほかのエリアでもスタートする。なお、このサービスの利用にはWeb上からユーザー自身の設定が必要となる。

 また、J:COM全局で9月初旬より順次、「メール送信ポート(25番ポート)ブロック」を適用する。

 これらの機能は、J:COM NETプレミア/J:COM NET/J:COMライトネット全てのユーザーが無料(月額利用料金に含む)で利用できる。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top