ビクター、携帯オーディオプレーヤーと連動するCD/MDポータブルコンポ「Clavia」 | RBB TODAY

ビクター、携帯オーディオプレーヤーと連動するCD/MDポータブルコンポ「Clavia」

IT・デジタル その他

 日本ビクターは、デジタルオーディオプレーヤーなど外部機器との連携を強化し、手軽に音楽を楽しめるCD/MDポータブルシステム“Clavia(クラビア)”「RC-A1」を9月中旬に発売する。価格はオープンで、予想販売価格は35,000円前後の見込み。本体色としてホワイトとシルバーの2色を用意する。

 RC-A1は、外部機器との接続に便利なフロント入出力端子の装備や、前面入力端子からの音楽信号を受けると自動的に電源が入る「QP(クイックポータブル)リンク」機能の搭載など、携帯オーディオプレーヤーとの連携を重視したポータブルコンポ。

 このほかにも、床などの低い場所に置いても音楽がリスナーの耳の高さまでしっかり届く「サウンドリフター」機能や、液晶による大型時計表示、タイマー設定時間内なら何回でも再生する「スヌーズタイマー」機能などを搭載する。

 本体サイズは幅460×高さ188×奥行き268mm、重さは約5.6kg。本体内蔵のスピーカーは8cm×2で、実用最大出力は4W+4W(JEITA/AC)。なお、電源はACのみとなっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top