IIJ、社内LANのPCからWinnyを自動検出・削除するソリューションを発表 | RBB TODAY

IIJ、社内LANのPCからWinnyを自動検出・削除するソリューションを発表

エンタープライズ その他

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とIIJグループ企業のネットケアは、両社が提供する「IIJ検疫ネットワークソリューション タイプB」にWinny自動検出・削除機能を付加し、4月27日より提供を開始した。

 IIJ検疫ネットワークソリューションは、セキュリティ対策が不十分なPCをネットワーク側で自動的に検知し、隔離・対策を行うことにより、セキュアな社内LAN環境を実現するというソリューション。

 今回追加された機能は、社内ネットワークに接続したPCのセキュリティ対策状況を同ソリューションによって定期検査する際、同時にWinnyプログラムファイルの有無を検査するというもの。Winnyプロセスが動作していると判断した場合には、プロセスを停止させた上で、該当PCからWinnyプログラムファイルを削除する。

 同機能は現在、亜種を含む82種類のWinnyバージョンに対応しており、Winnyネットワークを構成するほぼすべてのバージョンが検出できるとしている。
《村上幸治》

特集

page top