KDDIとSII、リモート監視などに最適な小型・軽量の通信モジュールを開発 | RBB TODAY

KDDIとSII、リモート監視などに最適な小型・軽量の通信モジュールを開発

ブロードバンド その他

 KDDIとセイコーインスツル(SII)は20日、通信モジュールの開発・供給にかかわる業務提携に合意し、提携第一弾の製品として軽量・省スペースモデルの通信モジュール「M1TA01A」を共同開発したと発表した。
  •  KDDIとセイコーインスツル(SII)は20日、通信モジュールの開発・供給にかかわる業務提携に合意し、提携第一弾の製品として軽量・省スペースモデルの通信モジュール「M1TA01A」を共同開発したと発表した。
 KDDIとセイコーインスツル(SII)は20日、通信モジュールの開発・供給にかかわる業務提携に合意し、提携第一弾の製品として軽量・省スペースモデルの通信モジュール「M1TA01A」を共同開発したと発表した。なお本モジュールは、KDDI推奨通信モジュールとして4月中旬より販売を開始するとしている。

 今回の共同開発についてKDDIは、「これまでも、au携帯電話網を利用したCDMA 1X通信方式の無線パケットデータ通信に対応した通信モジュールを提供してきましたが、データ通信カードなど小型製品の開発ノウハウを持つSIIと提携し、リモート監視などに最適な小型・軽量、省スペースタイプの通信モジュールを実現しました」と発表している。

 M1TA01Aは、KDDI通信モジュールの特長であるOTA(Over The Air:無線による電話番号等、加入者情報の書込み・消込み機能)を標準搭載しているため、通信機能の開始や停止をリモートで行うことができ、端末の効率的な運用が可能だという。また、通信アダプタやテレメトリング装置など、産業機器への組み込みが容易になると同時に通信モジュール搭載機器を低コストで開発することが可能になるとしている。

 なお同モジュールにおいては、「KDDIモバイルソリューションパートナー(KDDI-MSP)」に登録されているパートナー企業である安川情報システムより、通信アダプタ「intesse D2CoreSeries D2-K’s」の発売が決まっているほか、さまざまなパートナー企業が新通信モジュール対応製品を開発しているという。

 新通信モジュールのおもな仕様は以下のとおり。

●製品名:M1TA01A
・通信方式:CDMA 1X/cdmaOneパケット交換
・通信速度:下り最大144kbps/上り最大64kbps
・消費電流:省電力モード時平均5mA、通信時最大700mA
・アンテナ:外部アンテナに接続、電源:DC、3.5V〜4.2V
・外部インターフェース:シリアルインターフェース×2
・制御コマンド:ATコマンド(シリアル1)・特殊コマンド(シリアル2)
・温度条件:保存温度-40〜85度C、動作温度-30〜60度C
・付加機能:センタープッシュサービス/CIPLサービス対応、OTA機能、日付時刻情報取得機能、簡易位置情報
・サイズ・重量:37×50×5.3mm、23g
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top