USENとライブドア、グループ会社による法人向けVoIPソリューションの販売業務提携へ | RBB TODAY

USENとライブドア、グループ会社による法人向けVoIPソリューションの販売業務提携へ

エンタープライズ その他

 メディアとターボリナックスは、新規に開発するIP-PBXアプライアンス製品の販売業務において協力関係を結んだと発表した。

 ターボリナックスがメディア向けIP-PBXアプライアンス製品を4月中に新規開発し、メディアが同社の法人向けIP電話サービス「MEDiA IP PHONE」の推奨端末として5月中旬より販売を開始する。今後、ターボリナックスがIP-PBXを自社販売する際には「MEDiA IP PHONE」を推奨、販売することになる。

 今回の新製品は、ターボリナックスが昨年2月より販売を開始したLinuxベースのIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk」がベースだ。オープンソースソフトウェア「Asterisk」を採用することでコストを抑え、安価にボイスメールを実現するなど中小企業をターゲットとした企画開発や価格設定がされている。さらに、次期バージョンではCTIやCRMツールの搭載も予定されている。

 メディアはUSEN傘下のグループ会社、ターボリナックスはライブドアの子会社で、今回の開発・販売業務提携は3月16日に発表されたUSENとライブドアの業務提携第2弾となる。USENとライブドアは、業務提携発表以降「業務提携推進委員会」を発足し、「メディアコンテンツ」、「技術インフラ」、「法人サービス」の3つの分科会で提携の可能性について協議を進めている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top